読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギター&ウクレレプレイヤー、Ryoukeiのブログ

たまプラーザでウクレレのお教室を開いています。Let's join us!

ウクレレのLow-G弦について

楽器について

今日はウクレレのlow-G(ロージー)弦についてです。

low-G弦を張ってみたものの、音がぼわんぼわんしたり、4弦だけ音が大きくなったりしませんか?

 

私自身、そのことで悩み、色々な弦の取り扱いのある会社、輸入代理店、リペアマンなど、たくさんの方にお聞きして、アドバイスを頂きましたが、

その中でlow-G弦を選ぶ時の、軸になることを知りました。

 

それは、

  ●テナー 0,029inch 0.74mm

  ●コンサート、ソプラノ0,035inc 0,89mm

弦の太さです。

意外だったのですが、コンサート、ソプラノよりも、テナーの方が細いのです。

私はテナーを使うのでそれが原因だったのかも知れません。

 

low-G弦は、基本的にクラシックギターの4弦を使います。

(0,035は5弦みたいです。2014,11/9)

ギター某有名ウクレレ弦メーカーさんたちのlow-Gセット弦も、クラシックギターメーカーの会社のものを使っていると聞きました。

 

太さを確認するのはそれなりに大変ですが、

クラシックギター弦のバラの販売は現代ギターが選びやすいです。

http://www.gendaiguitar.com/index.php?main_page=string_order

 

普段お使いの弦に合うlow-G弦が見つかるといいですね。

Ryoukei